春のタタラ祭り2009

舞姿8人衆 ソロとデュオによる

トップページ | タタラ通信 | English |

■木村由ダンス公演「狂女の庭」   2010/08/28(Sat)
二日目は仕掛けの準備もしっかりやり直し、演出どおりの段取りに進行しました。
構成としても前半がじっくり見えるようになり、初日より充実していたのではないかと。ただし後半は課題が残っているような。精一杯踊ってはいましたが。

麿臣

写真は初日のビデオより。長坂光司撮影。
■木村由ダンス公演「狂女の庭」   2010/08/27(Fri)
中野テルプシコールにて。
今回は安藤祐の絵画に加えて首くくり栲象の演出。当初は美術の演出だけという話が、いつのまにか踊りに対しても関わるように。木村由曰く、対話する時間が足りず困惑しての舞台だったようですが、前半はやりたいことが出ていたのではないかと。
栲象さんはとにかくアイデアマンなので、増える作業にスタッフはたいへん。本当に助けられました。

麿臣

写真は有能な大道具三人衆(なぜか安藤さん栲象さんを含む)
■田山明子 「Kha Kha」   2010/08/18(Wed)
「ダンスがみたい!12」出演。日暮里d-倉庫にて。
タイトルは古い言葉での蛇に由来するそうです。シンプルな照明の中、どよんと沈み込んだ踊り。
ただしかし、いくらなんでも今回はねっとり深く沈み過ぎだったんじゃなかろうかしら。
もう少し上を向いて踊れるような工夫が音響、照明にも必要だったか。

麿臣

右の写真はスタジオサイプレスでの稽古後打合せ(?)の図
■井上みちる 「水たまり人魚」   2010/08/01(Sun)
「ダンスがみたい!12」出演。神楽坂die pratzeにて。
残念ながら音と映像のコラボレーションがダンスを見えなくしていました。
本人によると、音楽家、映像作家との「現在」を提示すること自体がコンセプトだったようですが。(これをアフタートークではっきり言ってくれて救われました)
映像の枠から外れて下手から現れた姿には、今までにない存在を感じました。最近は不思議と「動かない姿」に魅力を感じます(内部では色々な速度で動いているんでしょうけど)。

麿臣
■田辺知美 「文月金魚蜂」   2010/07/31(Sat)
「ダンスがみたい!12」出演。神楽坂die pratzeにて。
残念ながら観にいけませんでしたが、アフタートークを又聞きしたところによると、タタラ祭り2009で出てきた「ずんがじゃっか踊り」が今回も挟まれたそうで。
彼女はこのところ企画物以外でソロ公演がありませんが、深く悩まず、今自分のある位置を冷静に考えているようです。しかも体を具体的に使って。

麿臣
■横滑ナナ 舞踏ソロ公演「くうぅのつき」   2010/06/27(Sun)
中野テルプシコールにて。
前二回の野外公演と同タイトルとあって、この舞台のために野外で「パー子ちゃん」が歩いていたのかと思ったり。
そうすると大倉山との対峙は終わってしまうのかしら、残念でなりません。
本人の感触ではパー子ちゃんは大活躍だったようですが、そうすると観るほうはもっと多くを求めてしまう。
パー子ちゃんのためだけでなく、観客や空間のため、にも踊って欲しい。

やまがみこうたろうの美術は今回もベストマッチ。

麿臣
■木村由 ちゃぶ台ダンスシリーズ2010 「狂女の部屋」   2010/06/19(Sat)
ギャラリー街路樹にて。
かなりストイックに狭く詰め込んだ踊り。見ている人も体力必要だったんじゃないかしら。これはでも、狂女の「部屋」ですからという説明で。次回、狂女の「庭」がありますから。
スカートの下からのぞく丸椅子の足は好きです。

麿臣

写真は長久保涼子撮影。
■井上みちる舞踏 おどりすと その3 「水際」   2010/06/12(Sat)
写真のとおり是政橋にて。
ここのところ体のふてぶてしさが薄れてきたかと思いきや、野外に出ればワイルドさを回復するのが確認できました。見るからに生き生きとした姿がうれしかった。
動きを説明してしまうと「生き生き」と、というわけではないんですが。たとえば水たまりは決して澄んではいないし、もちろん回ったり飛び跳ねたりもしない。でも外に出てきた体は明らかに喜んで見えました。

麿臣
■横滑ナナ野外舞踏「くうぅのつき」   2010/05/16(Sun)
前回に引続き大倉山公園 雑木林の丘にて。
頭に風車、「パー子ちゃん」だそうです。じっくり自分に逆らわず落ち着いて歩く、歩く。
やりたいことが去年までと変わってきたか。劇場向けな体の在り方に寄って来たような。この後予定していた大蔵山での野外公園は取りやめるそうです。

麿臣
■田山明子 舞踏公演 「私の碧空II」   2010/04/25(Sun)
中野テルプシコールにて。副題は - えろてぃしずむのかなたへ -
音響は戸田象太郎だが、今回は田山から明確な指示があったらしい。決定的にはっきりしたわかりやすい音だが流れている様子は「オトナ」で繊細な。
踊りはどこか思いつめた様子。思いつめながらも軽やかなのがこのダンサーのおもしろい特徴。

麿臣

 



本日:002人 昨日:007人 合計17780人

■おしらせ

■ 2012/10/14(Sun) 10:46
 【本日】木村由無音独舞「ひっそりかん」明大前キッド・アイラック・アート・ホール 5Fギャラリーにて、午後3時より。料金1000円

■ 2012/10/02(Tue) 05:42
 【本日】「ダンス2本」 阿佐ヶ谷 Yellow Visionにて 19:30 open 20:00 start 出演:木村 由 with ノブナガケン (perc.) 「a shadow」 / 波那本 孝一 「無何有の郷」

■ 2012/09/08(Sat) 10:04
 【本日】19:30より「並行四辺系」がUstreamで生中継されます。遠方のみなさまもどうぞご覧下さい。特設サイトはこちら、USTREAMサイトはこちら

■ 2012/09/08(Sat) 10:03
 【本日】「並行四辺系」入間川正美(cello)+太田久進(サウンド)+喜多尾浩代(身体事)+木村由(ダンス) 蔵前gellery kissaにて19:30より。

トップページ

タタラ通信

■リンク
odolist
舞踏・ダンス情報酒場 おどりすと
公演・活動の情報リスト、舞踏評

michiroom
井上みちるのブログ
舞踏/おどり/植物と関わる楽しい「修行」の日々。

ゆふつづ抄
小野由紀子の踊り日記 日々のつれづれ。

ちゃぶ台ダンス
木村由のちゃぶ台ダンス日記

からだの作業場
国江徹「ワークショップ・からだの作業場」のページ
自分のからだはここにどのようにして、いるのだろう。
ほかのひとのからだは?

身体気象農場
玉井康成が一員を務める身体気象農場の概要
田中泯WebSiteより)

田辺助産所
助産師田辺知美のホームページ

柳井嗣雄の紙芸術
美術家 柳井嗣雄のホームページ

KAIDO YUTAKA WEBSITE
ベーシスト海道雄高のサイト
ライブスケジュール、音源など。

PLASTIC RAINS
たきしまひろよしが代表を務めるvisual creation PLASTIC RAINSのサイト
舞台撮影や映画制作の情報など。

ぼくのかいじゅう図鑑
美術家 やまがみこうたろうの作品をゆるく紹介
絵画作品、立体作品のギャラリーなど。

くま日記
横浜大倉山に住むくまさんこと大野英寿の日々つれづれ。
美術や建築の話題も。

Powered by KOMONET